読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kadoさんのブログ

日々のあれこれを綴ります

河合隼雄、柳田邦男、松居直の本

f:id:lucyblog:20140813112909j:plain
 心理学者河合隼雄の本は、子どもたちが小さかった頃あれこれと読みました。岩波新書の『子どもの宇宙』は特に印象深く、「子どもと秘密」の章から『クローディアの秘密』を知り、世界が広がりました。子どもの頃読みたかったとつくづく思い、近くの中学での読み聞かせの時間に何回か紹介したものです。
 こうしてみると岩波の本が多いことに気づきました。石井桃子さんのことを想起します。なお柳田邦男の『犠牲(サクリファイス):わが息子・脳死の11日』は手元にないですが、1995年出版後すぐ読んだことをよく覚えています。

河合隼雄『子どもの宇宙』(岩波新書、1987)
河合隼雄『子どもと自然』(岩波新書、1990)
河合隼雄『子どもと学校』(岩波新書、1992)
河合隼雄、松居直、柳田邦男『絵本の力』(岩波書店、2001)
柳田邦男『砂漠でみつけた一冊の絵本』(岩波書店、2004)
松居直『松居直のすすめる50の絵本:大人のための絵本入門』(教文館、2008)

カニグズバーグ『クローディアの秘密』(松永ふみ子訳、岩波書店、1969) http://www.ehonnavi.net/ehon/18230/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%96%87%E5%BA%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86/

カニグズバーグの作品から
『ジョコンダ夫人の肖像』(松永ふみ子訳、岩波書店、1975)https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/5/1106820.html

関連して心に残った本
フィリパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』(高杉一郎訳、岩波書店、1967) http://www.ehonnavi.net/ehon/30802/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%96%87%E5%BA%AB41%E3%83%88%E3%83%A0%E3%81%AF%E7%9C%9F%E5%A4%9C%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%BA%AD%E3%81%A7/