Kadoさんのブログ

日々のあれこれを綴ります

ウィキペディア20年イベント参加記

f:id:lucyblog:20210124113429p:plain
Wikipedia 20 Japan

1月23日は朝からウィキペディア20年イベントにZoomで参加しました。この企画は、インターネットフリー百科事典「ウィキペディア」が2001年に設立されて20年を祝うイベントで、有志からなるWikipedia 20 JAPAN実行委員会による開催です。

オープニングトークはウィキデータでお世話になっている東修作さん。ウィキペディア20年の歩みをご自身の足跡と併せ、世界全体の傾向と日本の特徴など統計データも使ってわかりやすく話してくださいました。現在の社会の中でのWikipediaの位置づけを様々な視点から考えることができました。

次は日本語版Wikipediaの黎明期を担った3人の若者の話。当時中学生の人もいて、最初の10年に何が起こったのか活き活きと伝わってきました。3人とも単なるITオタクと思いきや、それぞれのまっとうな取り組み方に感動しました。

大学の話では、ベテラン北村紗衣さんのおられる大学のような対応はまだまだ少ないことがよくわかりましたが、学生も教職員もぜひWikipedia編集経験をつんでほしいとつくづく思います。特に大学図書館員には強く希望します。

午後はまず「棚から一掴み」で本の紹介でしたが、ここでは逃亡者さん推奨の『収容所から来た遺書』が圧巻でした。1989年に文藝春秋から出版された当時ずいぶん話題になったので気にはなったものの、手に取ることなく過ごしていたのが悔やまれました。もっとも私が戦争関連の事項に関心を強く持つようになったのは1999年に岩野裕一『王道楽土の交響楽』を読んでからなので、物事にはふさわしい時期があるものです。文庫にもなっているし俳句のことも話題なので、今度是非読もうと思います。

続いて「秀逸な記事」の紹介では、白菜の記事、金星の記事、トンネルの記事、どれも知らなかったことばかりで印象に残りました。それぞれのウィキペディアンの方々の執筆姿勢も伝わってきて興味深かったです。

最後は「ウィキペディアタウンサミット 2021」。各地での実践報告があり高久雅生さんの的確なコメントで状況がより詳しくわかりました。残念ながら時間切れで途中退出しましたが、ウィキペディアタウンの取り組みが全国に広がっているのは嬉しい限りです。

このイベントに参加して感じたのは、Wikipediaに対しては「悪しきもの」にしようという力より「良きもの」にしようとする力のほうが強いのだ、という印象でした。この印象を実態と結び付けてこれからも記事を書いていきたいと考えています。

ウィキペディア20年イベント

司会:中俣保志(香川短期大学

  • 09:50 オンライン会場 開場
  • 10:00 オープニングセレモニー
  • 10:10 オープニングトーク「知識情報基盤としてのウィキペディア」 / 東修作(オープン・ナレッジ・ジャパン): ウィキペディアの地位は、この20年で大きくアップグレードされた。知識情報基盤としてのウィキペディアとネット世界は、どう変化していくのか。「オープンデータと市民協働」からウィキペディアを捉える。
  • 10:30 そもそもウィキペディア20年、何が起きたの / Suisui・kzhr・青子守歌(資料)
  • 11:00 大学の人がウィキペディアを編集してみたらどうなるの / 北村紗衣(武蔵大学)・伊藤陽寿(至誠館大学)・早稲田Wikipedianサークル
  • 昼食休憩・交流時間
  • 13:00 ウィキペディアンが「棚から一掴み」してみたら 2021 / 進行:のりまき(ウィキペディア日本語版), 登壇者:Mayonaka no osanpo・逃亡者・のりまき
  • 13:50 この人が選ぶ、秀逸な記事 / 進行:のりまき(ウィキペディア日本語版), 登壇者:Swanee・アリオト・さかおり
  • 14:50 ウィキペディアタウンサミット 2021 / 進行:下吹越香菜(アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg))、解説:高久雅生(筑波大学), 発表者:小澤多美子(長野県教育委員会)・小松晶子(神奈川県立図書館)・澤谷晃子(大阪市立中央図書館)・伊達深雪(京都府高等学校)・諸田和幸(伊那市地域おこし協力隊); テーブルディスカッション「2021年からのウィキペディアタウン」
  • 16:50 クロージングセレモニー

■参考

菅野恵理子『MIT マサチューセッツ工科大学 音楽の授業』を読む

f:id:lucyblog:20210110154730j:plain
MIT 音楽の授業

MIT マサチューセッツ工科大学 音楽の授業:世界最高峰の「創造する力」の伸ばし方
/ 菅野恵理子
あさ出版、2020、357p
http://www.asa21.com/book/b525754.html

はじめに:世界最高峰MITで音楽が学ばれる理由…3
第1章 なぜ「科学」と「音楽」が共に学ばれているのか?
 人文学は、AIをどう捉えているのか?…24
 MIT音楽学科の歴史:創立当初から理論&実践を重視…32
第2章 人間を知る・感じる
 《西洋音楽史入門》:創造の歴史をたどる…61
 《ワールドミュージック入門》:世界の音楽を体感する…90
 《オペラ》:あらゆる情動の表現と様式を学ぶ…107
 《ザ・ビートルズ》:複合的な表現を読み解く…135
第3章 しくみを知る・創る
 《ハーモニーと対位法I》:しくみを知る・使いこなす…152
 《調性音楽の作曲I》:さまざまな文脈を読み解く・創る…169
 《20世紀音楽の作曲》:新しい世界観に挑む…188
第4章 新しい関わり方を探究する
 《インタラクティブ・ミュージック・システム》:新たな楽しみ方を開拓する…210
 《ラップトップ・アンサンブル》:パソコンを楽器に…218
第5章 他者・他文化・他分野と融合する
 《室内楽》:個x個による究極のコラボレーション…244
 《MITシンフォニーオーケストラ》:他者に、自然に、耳を傾ける…250
第6章 MITの教育から探る、未来を生きる世代に必要なこと
 ①自分の身体知を掘り起こす…272
 ②多様性を受け入れる…277
 ③枠の外に出る、未知の状況に向き合う…288
 ④「より大きな全体」を構想する…295
第7章 「いま・ここ」と「はるか未来」を見据えて
 一人一人が創造者となるために
  ①観察と発見:「いま・ここ」の表層から深層へ…319
  ②物語の創造:どこまで進めるのか?進めていいのか?…326
  ③意識の成長:進化した意識で未来を描く…335
  ④愛:創造の源はどこにでもある…342
おわりに:音楽で身体と心を揺らし、新たな世界の扉を開く

メモ

  • 『ライブラリー・セッション』では音楽司書をゲストに迎え、資料の批判的な扱い方、学術資料の探し方などを学びます。(p103)
  • メディカル・エスノミュージコロジーの例としては、ウガンダでのHIV撲滅運動事例を通して、音楽教育の役割を学びました。・・・実際にウガンダではHIV患者が劇的に減ったという実証データもあります。5歳の子どもが歌う内容はかなり詳しく(HIVが危険であること、どのように自分で身を守ればいいのか、など)、これがウガンダに大変大きな意識向上をもたらしているようです。(p104-105)
  • カスバード先生は、「デジタル・ヒューマニティーズ」という新しい領域を立ち上げている。今年3年目を迎え、35名の学生が在籍しているそうだ。(メロン財団が支援) 「コンピュータープログラミングを学んでいる学生に、それをどう人文学に応用すればいいのかを教えています。MITでは音楽とコンピューターを組み合わせた学びは盛んですし、人文学の学びにコンピューターを用いる試みも以前からありましたが、文学や歴史学を専攻している学生を対象にしているのではない点が他大学とは異なりますね。(p232)
  • オンライン・アーカイブの整備・充実化により、今後芸術分野でもさまざまな研究が進むだろう。膨大な音声・画像・映像情報が整備され、目の前に差し出されるとき、我々に問われるのは、「何を問うか」という力だ。膨大な物事や情報を知っているという量的なフェーズから、それをどう生かすのか、という質的なフェーズに移ったことを意味する。(p234)
  • MITの人文学・芸術・社会科学部は、学生にどのようなことを学んでほしいと思っているのだろうか。 人文学を通して身につけてほしいツールキットとして、「クリティカル・シンキング(批判的思考)、歴史や他文化への理解、数学と統計を運用・分析する能力、優れた文学者や芸術家の洞察に触れること、実験への積極的な取り組み、変化を受け入れること、曖昧さに方向性を与える能力、そして芸術や人文学で培われる創造力」と記されている。(p270-271)
  • 世界最高峰の科学技術系総合大学として、MITが見据えているのは、人類、世界、自然、地球の未来である。 その1つとして、2015年から「Solve Gloval Challenges」が進められている。・・・このイニシアティブのコアバリューとして、次の5つが挙げられている。「楽観的(解決できない問題はない)」「パートナーシップ(1人または1企業で解決できる問題はない。パートナーシップによって進歩する)」「オープン・イノベーション(優れた才能やアイディアはどこにでもある。それを見つけて支援したい)」「人中心の解決(解決策は人から始まり、人に終わる。設計対象となる人々を巻き込むこと)」「インクルーシブ・テクノロジー(すべての人々に機会を創り出すために、テクノロジーは経済的・文化的・社会的障害に働きかけるべきである)」(p301-303)
  • 若い世代の方々には、ぜひこの3つの力を贈りたいと思います。まず1つ目は「出杭力(突出する力)」です。杭が出るとハンマーでたたかれますが、はるかに抜きんでた杭はたたかれません。これは若い人にとって大事なことだと思います。そして2つ目に「道程力(道を切り開く力)」。新しい環境に飛び込み、新しいことを始めよとすると、究極の孤独を味わうかもしれません。しかし高村光太郎の詩のように、「僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる」。ぜひ新しい道を切り開いていただきたいですね。最後に「造山力(海抜ゼロメートルから山を造り上げ、頂点を征服し、他者を招き寄せる力」。(p312)

参考

『蟹の横歩き:ヴィルヘルム・グストルフ号事件』を読む

f:id:lucyblog:20210105164735j:plain
ギュンター・グラス『蟹の横歩き』

蟹の横歩き:ヴィルヘルム・グストルフ号事件 / ギュンター・グラス池内紀
集英社、2003、254p

バルト海に沈んだドイツ船グストルフ号のことを知ったのは、池内紀『消えた国 追われた人々』(みすず書房、2013)を読んだ時だった。タイタニック号の犠牲者が1,500人程なのに対し、グストルフ号では9,000人もの人が海に沈んだ。それなのにグストルフ号の遭難は歴史から隠され、冷戦の終わった後の2002年にギュンター・グラスが小説の形で事件の顛末を書き上げた。それを池内が翌年翻訳したのだ。その小説を初めて手に取った。

ヴィルヘルム・グストルフ号はナチス・ドイツが建造し1937年に完成した豪華客船の一つで、全長208.5m、客室463室、定員1,463名、乗員426名、食堂2つ、談話室3つ、劇場、コンサートホール、体操場、室内プールを備えていた。船室は等級がなく、国の補助で安価で乗船できた。バルト海クルーズは大人気で人々は競って乗船し、ナチ党の支持者となっていった。

船名はスイスでナチス思想の宣伝指導者だった人物の名で、彼は1936年にユダヤ人青年に射殺された。ナチスはこれを反ユダヤキャンペーンに利用し、豪華客船に犠牲者の名前がつけられた。

グストルフ号が客船クルーズをしていた時代は間もなく終わり、第二次世界大戦が始まる。病院船になったり軍用船として兵士を運んだりしたが、1945年1月にポーランド東部のグディニア港で乗船したのは、ドイツ本土へ逃げる難民たちであった。乗船名簿は6,600名で紙が無くなり、推定9,000名以上が乗船。1月30日昼に出港しバルト海を西へ進むが、夜の9時過ぎにソ連軍潜水艦から発射された水雷3発が命中。まもなく船は沈没し9,000名もの人が犠牲となり、助かったのは僅かだった。

ギュンター・グラスの小説では、助かった一人の女性の息子が語り部となり物語が進んでいく。その骨格となったのは同じく生き残ったハインツ・シェーンという人物が集めた資料だということが、池内の「解説」に書かれていた。1926年生まれのシェーンは18才の時グストルフ号の会計係助手になり、大惨事を経験、その後の人生を事件の究明にかけ、関係文書や資料を丹念に集めた。「グストルフ・アルヒーフ」を設立し、生存者から聞き取りを重ね、順次刊行していった。様々な毀誉褒貶を受ける中で、客観的正確さを第一にしていたという。

もうひとつグラスの小説で気が付いたのは、インターネットにより人々が情報を集め、交信していく中で物語が進むことだった。インターネットが一般的になるのは1990年代以降であり、丁度ベルリンの壁が崩れ東西ドイツが統一されていった時期と重なる。その時期に情報公開も進み、隠されていた歴史が次々と明るみに出て行ったのだろう。

国家に翻弄される人々がいる一方で、丹念に記録をとる人、小説という形で世に問う人がいる。読者として私は何ができるだろうか。

下田2021

2021年1月1日

6:38 出発 薄明の中満月に近い白い月が浮かぶ
    五反田から首都高へ。道路はガラガラ。用賀のあたりから富士山がよく見える。
6:55 多摩川を渡る。日の出。
7:13 海老名SAで朝食 (45.2㎞)
7:51 出発。晴。改造車のような車あり。
    丹沢山系の奥に富士山。車が多くなる。
    秦野・中井より箱根の二子山が見える。いろいろな角度で見える。

f:id:lucyblog:20210101080653j:plain
厚木のあたりからみた富士山

8:24 御殿場 (100㎞)
    新東名へ。120㎞/hで飛ばす
8;32 長泉・沼津のインター出る(115.4㎞)
    下田へ向かう。太陽が眩しい。
8:44 道の駅・函南 (132.3㎞)
8:50 出発 狩野川を渡る。
    伊豆中央道修善寺道路 各200円
9:09 月ヶ瀬インター (152㎞)
    国道414号を南へ。外気温7℃
    湯ヶ島温泉天城山、外気温4℃
    河津町、ループ橋、七滝、県道14号へ
9:47 国道135号へ。(180.8㎞)
    海岸、今井浜、伊豆大島、利島が見える。下田に出る。
10:07 道の駅開国下田みなと (194.5km)
     風が強い。ひじきなど購入。
10:22 出発。外気温8度。海上保安庁の巡視船、観光船黒船。
     国道136号を入間へ向けて曲がる。車はほとんど来ない。
10:52 海蔵寺 (213.2㎞)
     ニール号の碑確認。

f:id:lucyblog:20210101110000j:plain
ニール号の碑

     入間港の海岸へ出てみるが、あまりの強風に退散。妻良村までは遊歩道があるが4時間くらいかかる。

f:id:lucyblog:20210101111151j:plain
入間から妻良までの散策コース図

11:19 出発
11:43 展望広場(228.5㎞) 海がよく見える。風が強い
11:51 出発。NHK名古屋放送がはいる。岐阜や北陸の天気予報。
     雲見、石部、岩地の海。
12:17 松崎のセブンイレブンでランチ休憩(244.7㎞)外気温12℃
12:41 出発
13:09 土肥(266.6㎞)
13:30 月ヶ瀬の道の駅(285.6㎞)
     野菜いろいろ購入。ソフトクリーム
14:05 出発。ロープウェイあり。
14:37 長泉・沼津インター(321㎞)
     新東名~東名高速~首都高
15:53 帰宅 (436.8㎞)

霊峰のすそ野めぐりぬ大旦(おおあした)
霊峰の表情豊か大旦

ベルリン・フィル1957年初来日の公演プログラム

f:id:lucyblog:20201229161632j:plain
ベルリン・フィル1957来日公演プログラム

Berliner Philharmonishes Orhester
Herbert von Karayan

演奏日時(1957年)
11月4日~6日東京 日比谷公会堂(プログラムA,B,C)
 7日~8日名古屋 市公会堂(プログラムD,E)
 10日 福岡 電気ホール(プログラムF)
 11日 八幡 八幡製鉄体育館(プログラムB)
 13日 広島 市公会堂(プログラムG)
 15日~16日 大阪 宝塚劇場(プログラムC,H)
 17日 神戸 国際会館(プログラムI)
 19日~20日 東京 日比谷公会堂/産経ホール(プログラムJ,K)
 21日 仙台 市公会堂(プログラムH)
 22日 東京 東京体育館(慈善演奏会)

ベルリン・フィルハーモニー交響楽団について…4
(挨拶)永田清(日本放送協会会長)
    ヘルベルト・フォン・カラヤン
    フォン・ブレンターノ(ドイツ連邦共和国外務大臣
    ドクトル ハンス・クロル(ドイツ連邦共和国駐日大使)
    藤山愛一郎(外務大臣
(写真)演奏会スナップ、歴代指揮者…6
ヘルベルト・フォン・カラヤンの横顔…8
ベルリン・フィルハーモニー交響楽団(メンバー表)…9
■プログラム…11
A:交響曲第35番「ハフナー」/モーツアルト、楽劇「トリスタンとイゾルデ前奏曲と愛の死/ワーグナー交響曲第2番/ブラームス
B:楽劇「ニュルンベルクの名歌手」前奏曲/ワーグナー交響曲第38番「プラーハ」/モーツアルト交響曲第1番/ブラームス
C:交響曲第8番「未完成」/シューベルト交響曲第3番「英雄」/ベートーヴェン
D:交響曲第7番/ベートーヴェン交響詩モルダウ」/スメタナ、歌劇「タンホイザー」序曲/ワーグナー
E:歌劇「オベロン」序曲/ウェーバー交響詩ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」/R.シュトラウス交響曲第2番/ブラームス
F:歌劇「オベロン」序曲/ウェーバー交響詩「画家マチス」/ヒンデミート、交響曲第5番/ベートーヴェン
G:交響曲第35番「ハフナー」/モーツアルト交響詩ドン・ファン」/R.シュトラウス交響曲第2番/ブラームス
H:交響曲第5番新世界より」/ドヴォルジャック、交響詩モルダウ」/スメタナ組曲火の鳥」/ストラヴィンスキー
I:組曲火の鳥」/ストラヴィンスキー交響曲第38番「プラーハ」/モーツアルト交響曲第7番/ベートーヴェン
J:交響曲第7番/ベートーヴェン交響詩モルダウ」/スメタナ組曲火の鳥」/ストラヴィンスキー
K:楽劇「ニュルンベルクの名歌手」前奏曲/ワーグナー交響詩「画家マチス」/ヒンデミート、交響曲第5番/ベートーヴェン
■曲目解説/山根銀二…22
ベルリン・フィルに期待する…35
  山田耕筰芸術院会員)、宮沢俊義(東大教授)、属啓成(音楽評論家)、吉田雅夫(N響首席フルート奏者)

(広告)御木本真珠店、グラモフォンレコード、インカブロック、日本楽器、和光、松下電器産業大東紡織、東京第一ホテル、日本交通公社レナウン武田薬品工業、松尾楽器商会、日本麦酒

菅野恵理子『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』

ハーバード大学は「音楽」で人を育てる / 菅野恵理子
アルテスパブリッシング、2015
304p
https://artespublishing.com/shop/books/86559-125-5/

  • 音楽はなによりもコミュニケーションである。コミュニケーションとは、感情と向き合うことであり、作曲家の意図、音楽の構造、ハーモニーといったさまざまなものとのコミュニケーションを意味する。(p102)
  • アカデミックを学ぶとは、責任ある市民になること、世界に対する責任をもつこと。音楽は文化の一部であり、文化は世界の中心であること、それを維持していくこと。それにはどうしたらよいか考えること。(p103)
  • New York Youth Symphonyのライブラリアンのこと。(p117)
  • アメリカはやはり図書館がしっかりしていた。リンカーン・センターの図書館についてなど。(p166)
  • フンボルト大学ベルリンについて(p222)
  • 「音楽を学ぶ」は、音楽そのものをいかに学ぶか。「音楽で学ぶ」は、音楽を通して人間や世界をどう学ぶか、という考え方。(p253)
  • これほど情報共有化が進むと、たんなる知識や情報の蓄積はさほど意味をもたなくなる。大事なのは、それらをどう活用して発信するかということだ。学術情報の入手・管理・研究の先鋒を担っているのは、大学図書館、美術館、博物館などの研究施設である。(p269)

ユリ・コウチヤマの自伝

Passing it on : a memoir / Yuri Kochiyama; Marjorie Lee; Akemi Kochiyama-Sardinha; Audee Kochiyama-Holman

 Los Angeles, CA : UCLA Asian American Studies Center Press, ©2004.

Table of ontents

Aknowledgments
Foreword / Akemi Kochiyama-Sardinha
Preface
Introduction
Editor's note

Passing it on : a memoir

  1. My parents
  2. Growing up fast: childfood, war, and camp
  3. A tribute to my Bill
  4. After the war: marriage, parenthood, and New York
  5. Raising six children in the sizzling sixies
  6. Malcolm X and the Kochiyamas
  7. Tragedy and blessing: Billy, Aichi, and Alkamal
  8. Friends who became family
  9. "Christmas cheer" : Family newsletter, 1949-1968
  10. "North star" : Family movement newsletter, 1965-1969
  11. Supporting political prisoners: Mtayari Shabaka Sundiata, Mumia Abu Jamal, and Marilyn Buck
  12. Asian and Asian American political prisoners: Steve Yip, Yu Kikumura, David Wong, and Eddy Zheng
  13. The trip to Cuba: the 19th Venceremos Brigade, 1988
  14. People's war in Peru: what is its significance today?
  15. Three icons in the movement: Lolita Lebron, Assata Shakur, and Leonard Peltierc
  16. The Asian American movement
  17. New additions to the Family: the "K-Bears"

Epilogue : five years later

Appendices

Appendix 1 Sgt. William Kochiyama "Battle honors : citation of unit"
Appendix 2 "The role of te Nisei soldier" by Bill Kochiyama
Appendix 3 "A song for redress/reparation" by Yuri Kochiyama
Appendix 4 "Scrapbook memories, 1942" by Yuri Kochiyama
Appendix 5 "Yuri's rock" by Zayid Muhammad

Selected articles and speeches by Yuri Kochiyama

Appendix 6 "Third world"/Asian Americans for Action newsletter
Appendix 7 "A history of linkage: African and Asian, African-American and Asian-American"/Institute of Multiracial Justice newsletter
Appendix 8 "Mothers and daughters"/"Discover your mission" pamphlet
Appendix 9 Yuri's handwritten notes from "Malcolm X: for the second and third gradens..."/"Discover your mission" pamphlet
Appendix 10 "After the cease fire : What?"/Asian Americans for action newsletter

Newsletters

Appendix 11 "On the line"/442nd Association newsletter
Appendix 12 The NSO's FE-MAIL/Nisei Service Organizaiton newsletter
Appendix 13 "Editional"/Nisei Service Organization newsletter
Appendix 14 NSSO FE-MAIL/Nisei-Sino Service Organization newsletter
Appendix 15 "Editorial"/"Christmas Cheer" family newsletter
Appendix 16 Page 1 of "Christmas Cheer" family newsletter
Appendix 17 Coverpage and page 1/AsianAmericans for Action newsletter

Appendx 18 Yuri Kochiyama: community and political resume

Worldcat https://www.worldcat.org/title/passing-it-on-a-memoir/oclc/55693404

                            • -

ユリ・コチヤマ回顧録:日系アメリカ人女性 人種・差別・連帯を語り継ぐ / ユリ・コチヤマ[著]、篠田左多江、増田直子、森田幸夫訳

彩流社 2010 261p

目次
日本語版への序文 / ユリ・コチヤマ
はじめに
第1章 両親のこと
第2章 成長の速さ:子ども時代、第二次世界大戦強制収容所
第3章 私のビルへの賛辞
第4章 戦後:結婚、親子関係、ニューヨーク
第5章 胸がときめく1960年代に子ども6人の養育
第6章 マルコムXとコチヤマ家
第7章 悲劇と祝福:ビリー、アイチ、アルカマル
第8章 家族となった友人たち
第9章 政治犯の援助
第10章 アジア人およびアジア系アメリカ人政治犯
第11章 キューバへの旅:1988年第19回ベンセレーモス隊に参加して
第12章 ペルーにおける人民の戦い:現代のその意味は何か
第13章 社会・政治運動の中の3人の偶像
第14章 アジア系アメリカ人の運動
あとがき:3人の訳者を代表して

彩流社 https://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-1545-5.html