Kadoさんのブログ

日々のあれこれを綴ります

在宅コンサート6「 集団即興における視聴覚の分断と再統合」

集団即興における視聴覚の分断と再統合2020年5月30日 (土) 19:30〜在宅コンサート6「 集団即興における視聴覚の分断と再統合」…生配信の即興ライブです。この異常な状況で、資本主義の論理から相当遠いところにある即興音楽を継続しようという試みです。ぜひ…

電話展示 Emergency Call

電話展示 'Emergency Call'コロナ禍での緊急事態宣言の中、16人の芸術家が参加した「電話展示」を聴きました。指定された電話番号に電話すると、簡単な紹介メッセージのあとに、一人3分程度の「展示」が流れてきます。音楽ばかりかと思ったらさにあらず、大…

リンボウ先生とマッキントッシュ

LISAで現在使っているコンピュータは、デスクトップ(据置型)が2台、ラップトップ(携帯用)が3台、全てNEC98シリーズです。ソフトウェアは、日本語ワードプロセッサーが「松」、英文ワードプロセッサーは「Word Star」、データベースソフトが「桐」、表…

『This is LISA』執筆録

This is LISA No.1とNo.64『This is LISA』は、有限会社リサ (1989-2005) が1992年から2005年まで発行していた社内報。No. タイトル【号】発行年月日 「This is LISA」の創刊に当って【1】1992.10.05 「マリクレール」の話 (マガジン余話)【1】1992.10.05 お…

1974年ベルリン

上智大学管弦楽団は1974年9月に、西ドイツのボンとベルリンで演奏会を行った。これは前年秋に来日した指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンが、大学祭の折に上智大オケの練習場を訪れ、半時間ほどリハーサルをしてくれたのがきっかけだった。カラヤンが主宰す…

2020宇都宮~真岡鐵道の旅

2020年2月29日(土) 7:20 出発 7:41 秋葉原 (10㎞) 下谷 国道4号線(日光街道) 7:52 三ノ輪 (14㎞) 上りは渋滞している 8:02 梅島陸橋 (19.7㎞) 9:00 春日部市神明 (50㎞) 9:14 利根川通過 (61.4㎞) 9:30 小山市横倉 (80.3㎞) 山が見え…

「水害への備えおよび対処方法について」をききました

国文学研究資料館准教授の青木睦さんが話されるというので、出かけてきました。 昨年の台風19号被害のレスキューの話と思いきや、まず「保存計画における具体的保存対策フローチャート」から話を起こされ、目の前の事象への対処だけでなく保存業務全体の中で…

暴力/ ノイズ / グロボカール:坂本光太チューバリサイタル

Gewalt/ Geräusch / Globokar チューバ奏者坂本光太さんの2回目のリサイタルです。 暴力/ ノイズ / グロボカール:坂本光太チューバリサイタル Gewalt/ Geräusch / Globokar 主催者: Kota Sakamotoテロ、移民、感染、人種差別……SNSのトレンドが高速で更新さ…

美図連と酒井悌先生

1980年代の専門図書館界は、BLLA旋風が席捲していました。BLLDといえばBritish Library Lending Division※のことですが、BLLAはなんとBeautiful Lady Librarians Association、訳して美人図書館員連盟、通称美図連のことです。もちろん認知された団体ではな…

アスペルガー症候群について

先日オーケストラのリハーサル前に、曲の注意事項をスコアに書き込んだもののPDFがメールで回ってきました。出力してみると抜けているページがいくつもあります。送った人に聞いたら、注意事項が無いページはPDFにしなかったとのこと。言われてみれば当たり…

小畑有史、黎桂桐(グィトン・リー)ジョイントライブ

Slow Jet Coffee 2020.1.5 同僚の坂本光太さんに誘われて、ギターのライブに行きました。中国出身でベルリン在住の黎桂桐(グィトン・リー)さんの音楽は、瑞々しさにあふれ、確かな技術と豊かな感性に裏打ちされた演奏に深く感動しました。共演の小畑有史さ…

ラ・トゥール『聖ヨセフ』

Georges de La Tour『聖ヨセフ』(1642年または1645年)ルーヴル美術館蔵 [Public Domain] 今朝新聞を開いたら、このジョルジュ・ド・ラ・トゥールの『大工の聖ヨセフ』という絵が載っていました。記事は作業するヨセフについての短いもので、「蝋燭を掲げて…

「大正から昭和時代に遺されたピース譜から」コンサート

セノオ楽譜を使用したコンサートが2019年10月に旧東京音楽学校奏楽堂で開催されました。同時に旧奏楽堂では企画展「セノオ楽譜とその時代~大正から昭和時代に遺されたピース譜から~」も開催されました。 特別コンサート「大正から昭和時代に遺されたピース…

WikiGap エディタソンに参加しました

WikiGap東京2019プログラム9月29日にスウェーデン大使館で開催された、WikiGapのエディタソンに参加しました。WikiGapとは、Wikipedia上の人物に関する記事のうち、女性の伝記は2割程度だという状況を解消して女性の伝記記事を増やしたい、また編集者のうち…

オペラ『ランスへの旅』を観ました

オペラ「ランスへの旅」ポスター、サイン入り昨日はロッシーニのオペラ『ランスへの旅』を新国立劇場で観ました。藤原歌劇団の公演ながら、東京二期会と新国立劇場も共催で、17人ものソリストが歌の競演を展開するという実に見事な舞台でした。1825年のフラ…

2019夏・福島の旅:国道399号~までい館~Kaon Coffee

2019年8月11日(日・祝) 5:50 出発 6:04 芝公園から首都高速へ (4.6㎞) 6:11 両国 (11.9㎞) 6:19 加平 (22.6㎞) 事故渋滞 6:50 三郷ジャンクション (30㎞) 7:19 柏 (40.9㎞) 7:23 利根川を渡る 7:25 守谷PAで休憩、朝食 7:53 守谷出発 …

広瀬容子さんの子連れ留学ブログ

アントレプレナー広瀬容子さんが2003年の子連れ留学についてブログで連載されているので、30回までを一覧にしてみました。この先まだまだ続きそうですので、それはこちらでご覧ください。 広瀬容子の子連れ留学備忘録 ある日36歳で未亡人になった 伏線其ノ弐…

「柳美里トークイベントin日比谷」を聴く

フルハウスのクラウドファンディング案内作家の柳美里さんが2015年から移り住んだ福島県で、昨年オープンさせた本屋フルハウス。5月に行った時は開いてなかったので、このイベントを楽しみに聴きに来ました。柳美里さんはもともと福島といろいろ縁があったそ…

2019東北行【第2日】名取から小高へ

5月4日(土)ゆりあげ港朝市 翌日は仙台駅7:26の電車で4駅目の名取へ。8:00発の乗合バス「なとりん号」で15分ほど、震災メモリアル公園下車、目の前に閖上港が広がります。地元の方の車で駐車場はいっぱい、朝市が大いににぎわっていました。震災後カナダ政…

2019東北行【第1日】須賀川から飯舘へ

今年の3.11夜の会話 夫:連休には東北へ行こうか。 私:あら、いいわねえ。 夫:どこか行きたいとこある? 私:飯舘村の山津見神社と、名取市図書館。 夫:(地図を見ながら)飯舘はずいぶん山奥だなあ。車じゃないと無理だ。 私:家から車で行くの? 夫:い…

いわきの図書館・博物館を巡る旅(2009年3月)

二〇〇九年三月七日土曜日朝八時五十分、東京駅八重洲南口バスターミナル八番に集合した八人の図書館探検メンバーは、いわき行きのバスに乗り込んで九時三十分の定刻に出発しました。昨日の土砂降りがうそのような好天に恵まれ、一路常磐道を北へ走ります。…

2019沖縄ツアー第3日:OISTと沖縄県立図書館

【第3日:2月5日(火)旧正月】万座毛(まんざもう) 三日目はまず恩納村のシンボル、万座毛を見学。そして一路OIST(沖縄科学技術大学院大学)を目指しました。OISTは2013年のARG主催ライブラリーキャンプで訪問しましたが、その時はまだ第1期生を受け入れ…

2019沖縄ツアー第2日:恩納村ウィキペディアタウン

【第2日:2月4日(月)立春】 二日目はいよいよウィキペディアタウンの本番です。私がウィキペディアの意義をきちんと認識したのは、NIIの大向一輝さんが書かれた『ウェブがわかる本』(岩波ジュニア新書、2007)を読んでからです。この本では第3章「ウェブ…

2019沖縄ツアー第1日:摩文仁へ

2月3日から5日まで、しゃっぴいこと高野一枝さんが主宰する沖縄恩納村ウィキペディア編集ツアーに参加しました。盛りだくさんのツアーでしたので、3回に分けて概要を記録しておきます。【第1日:2月3日(日)節分】 早朝京急で羽田へ。iPhoneでなく外の景色…

絵本とメルヘン 明治学院大学図書館の貴重書コレクションの目録『絵本とメルヘン』を手に入れました。同図書館が所蔵する、169点234冊の「絵本とメルヘン・コレクション」の全書物をリスト化したものです。それぞれの表紙等の「画像集」、装丁や成立事情等を…

EEMT2018連続上演会

チューバ奏者の坂本光太さんから、演奏会の案内をいただきました。「実験音楽とシアターのためのアンサンブル(Ensemble for Experimental Music and Theater = EEMT)」の2018年公演です。日程:2018年8月3日(金)~5日(日) 会場:TOCHKA(トーチカ=特…

磯田道史『天災から日本史を読みなおす』を読む 『武士の家計簿』で一躍名をあげた磯田道史さんの、『天災から日本史を読みなおす:先人に学ぶ防災』(中公新書、2014)を読んだ。4年も前の著作だが全く知らなかったのは不覚であった。もっともこれは朝日新…

清水眞砂子さんの講演録を読む

東京こども図書館発行『こどもとしょかん』156号、巻頭の黒沢克朗さんは2歳のお孫さんにスカイプで絵本を読んであげてました。楽しんでくれてはいるものの、直接会って感じるぬくもりが無いのが残念でしたが、4歳になって孫の家に泊まった折、怖い話をせが…

加藤丈夫『「漫画少年」物語』

国立公文書館館長の加藤丈夫先生が富士電機株式会社会長時代に、講談社の編集者だった父上加藤謙一氏の仕事をまとめられた本。昨日入手してページを開いたらあまりに面白く、一気に読んでしまいました。 占領期の雑誌創刊、手塚治虫との交流、親友・宇野親美…

今年のお節(2017年大晦日)

一の重:栗きんとん、黒豆、紅白蒲鉾、昆布巻き、伊達巻 二の重:酢だこ、コハダの粟漬け、小鯛の笹漬け、ローストビーフ、ブロッコリー 三の重:お煮しめ(里芋、手綱こんにゃく、ゴボウ、京人参、レンコン、干しシイタケ、きぬさや) 今年もお煮しめ以外は…